フリーランス

【フリーランスになる】退職する前にやっておくこと8つ【クレジットカードなど】

退職前にやるべきこと フリーランス
会社を辞めてフリーランスになろうと思っています!
退職する前にやっておくべきことってありますか?

そんなお悩みを解決します。

こちらの記事では「会社を辞めてフリーランスになる!」または「次が決まってないけど、とりあえず退職します!」という方に向けて、退職する前にやっておくべきことを8つご紹介します

私は、新卒入社した会社を1年2ヶ月で退職しました。

退職後はブログ・WEBライターを軸としながら活動しています。

実際に会社を辞めたからこそわかったことがたくさんあります。

やっておいて良かったこともいくつかあるので、私の経験も踏まえながらまとめていきます。

経験者が語る「退職する前にやっておくべきこと」を赤裸々に語ります!
マーティ

フリーランスになる人が退職する前にやっておくべきこと【8つ】

退職する前にやっておくべきこと
Preparation

フリーランスになる方が、退職する前にやっておくべきことは以下のつです。

退職する前にすべきこと

  1. とにかく領収書をもらう
  2. 確定申告や税金の勉強をする
  3. 保険について調べておく
  4. 固定費を下げる
  5. クレジットカードを作っておく
  6. 高額になりそうな医療費は会社員のうちに
  7. 自分の市場価値について知る
  8. 目標を立てる

それぞれを詳しく解説していきます。

①:とにかく領収書をもらう

まずは、事業の売上に関する出費についてはとにかく領収書をもらいます。

退職する前から領収書をもらっておくべき理由は2つあります。

領収書をもらうべき理由

  • 開業する場合「開業準備費用」にできる
  • 確定申告で経費にできる

どちらも結局は「経費として計上するため」に必要ということです。

会社員時代の出費も経費になるという点は、意外と知らない方が多いので意識しておきましょう。

私の場合は、書籍・カフェ代やYouTubeに関する機材の領収書をとにかくもらいました。

②:確定申告や税金の勉強をする

フリーランスになると、確定申告が必要になります。

確定申告とは、所得に応じて国に支払うべき税金を確定し、自分で支払うことです。

会社員とフリーランスの税金の違いについては【税金や社会性で比較】会社員とフリーランスどっちが良いか?でまとめています。

会社員だと毎月自動的に給与から税金が天引きされます。

税金の支払いに関しても、会社がまとめて行ってくれるので、勉強する必要がありません。

しかし、フリーランスになると確定申告から税金の支払いまでを自分(または税理士さん)で行う必要があるので税金の仕組みについては勉強しましょう。

フリーランスになる前に読むべき本については、下記でまとめているのでご参考ください。

【必須】フリーランスになる前に読むべきおすすめ本

続きを見る

③:保険について調べておく

保険については、退職後にいまの会社の保険を「①任意継続するか」「②国民健康保険に切り替えるか」を決断する必要があります。

いまの会社の保険を任意継続する場合は、一般的に退職後2年間継続することになります。

これまでは会社が保険料の半額を負担してくれてましたが、退職してしまうと全額負担になります

会社の保険料を全額負担した金額が安いのか、国民健康保険に切り替えた方が安いのかは人によって異なります。

退職する前に、会社と近くの役所に保険料の確認をおこないましょう。

ちなみに私は「国民健康保険」に切り替えました!
マーティ

④:固定費を下げる

固定費を下げるのは重要なポイント。

フリーランスになると収入が不安定になります。

なので、生活の固定費を下げることで心と財布にゆとりを作りましょう。

固定費を下げる方法として考えられるものは以下の通り。

固定費を下げる方法

  • 実家に帰る
  • 家賃が安い部屋に引っ越す
  • サブスクリプションを解約する
  • 電気、ガス料金を見直す
  • スマホを格安SIMに変更する
  • 新聞の購読を辞める

上記で最も効果的なのが「実家に帰る」です。ご家族の理解があれば、実家は最強ですよ。

とはいっても、結婚されている方や実家が遠方だと難しいですよね。

そんな方は「家賃が低い部屋に引っ越す」もアリだと思います。

無料の引っ越し見積もりをすれば、最大50%も引っ越し料金が節約できます

また近年、情報やニュースはスマホで見ることができるので、新聞の講読料も勿体ない気がします。

もちろん、経費で落ちますが出費であることには変わりない...
マーティ

スマホアプリのスマートニュースなら完全無料で話題のニュースがすぐに読めます。

あとは、TwitterなどのSNSを上手に活用して情報を集めましょう。

⑤:クレジットカードを作っておく

クレジットカードは審査があるので、会社員のうちに必ず作っておきましょう。

フリーランスは社会的信用が低いです。

そのため、クレジットカードの審査に通らないことが多々あります。

2チャンネルの創業者、ひろゆき氏は会社経営者で間違いなくお金持ちであるにも関わらず、年会費無料のクレジットカードの審査に落ちることがあるみたいです。

それに比べ、ひろゆき氏の会社の社員は問題なく審査通過。

会社員であることの社会的信用度の高さを実感します。

私も会社を辞める前に、SPGアメックスを発行しました。

カードの特典やSPGアメックスを選んだ理由についてはYouTubeでまとめています。

紹介特典で最大66,000ポイントのキャンペーンも実施中なので、気になる方は私のTwitter(@MartyLand00)までご連絡ください。紹介リンクをお送りします。

また、アメックスカードに特化した別サイトも運営しておりますのでご参考ください。

フリーランスは社会的信用が低いので、ステータス補填のためにも良いクレジットカードを1枚持っておくべきです。

今日からアメックス革命

⑥:高額になりそうな医療費は会社員のうちに

フリーランスになると、医療費が実費になります。

そのため、高額になりそうな治療は会社員のうちに済ませておきましょう。

高額になる医療費

  • 歯の治療
  • 持病の薬は多めにもらうなど

⑦:自分の市場価値について知る

フリーランスになるために会社を辞めたとして、今後もずっとフリーランスで居られるかは誰にもわかりません。

事業が軌道に乗らずに再就職をする、フリーランスの働き方が合わないから会社員に戻るというパターンだって考えられます。

そのため、再就職を保険として考えるときに、会社を辞める時点での「自分の市場価値」を知っておくと安心です。

自分の市場価値はミイダスというサイトで簡単に調べられます。

ちなみに私の市場価値はこんな感じでした!
マーティ
退職前にすること 自分の市場価値を知る

最大845万円というだけで、残念ながら私の市場価値はココまで高くはないと思います。

現在の市場価値としては、488~847万円の求人に可能性があるという感じでした。

普通に転職サイトとしても使えるので、必ずチェックしておきましょう。

\いまの自分の市場価値を知ろう!/

⑧:目標を立てる

最後のポイントです。

退職をする前に目標を立てておきましょう。

フリーランスは時間の縛りがなく、1日のスケジュールを自分で組み立てることができます。

それ故「仕事をサボってしまう・・・」「副業のときと比べ生産効率が下がった・・・」ということにもなりかねます。

仕事をしていても没頭してしまい、眠りにつくのが深夜になることも多々あります。

こうして多くのフリーランスが夜型になります

退職する前に、2つほど目標をたてましょう。

  • 売上の目標(いつまでにいくらを目標にするか?)
  • 毎日のルーティン(何時に起きて、何時に寝るか?)

目標を細分化し、期間に落とし込むことによって「今やるべきこと」が見えてきます。

まとめ:退職する前からフリーランスになる準備をしよう!

フリーランスになる 退職する前にやるべきこと
Summary

退職する前にも、フリーランスになるための準備はできます。

こちらの記事では、8つのやるべきことについて解説しました。

退職する前にすべきこと

  1. とにかく領収書をもらう
  2. 確定申告や税金の勉強をする
  3. 保険について調べておく
  4. 固定費を下げる
  5. クレジットカードを作っておく
  6. 高額になりそうな医療費は会社員のうちに
  7. 自分の市場価値について知る
  8. 目標を立てる

会社員からフリーランスになることで、環境は大きく変わります。

フリーランスは、常に学ぶ姿勢がないと社会から見放されてしまいます。

本を読むことはいまからでもできる学びなのでフリーランスになる前に読むべき本には一通り目を通しておきましょう。

今回は以上です。

-フリーランス